2007年05月20日

初めてキャッシング 申込方法


  ----- 初めてキャッシング -----初めてキャッシング -----

まずは現在の自分の状況について考えてみる事が大切です。

以下の点についてよく検討してみてください。

今、本当に必要なお金かどうか考えてみる。

使用用途が適切であるかどうか、もう一度よく考えてみましょう。

使用用途がギャンブル資金などと言うのはもってのほかです。

また、借入目的が生活費である場合も要注意です。

これを機に、自分の生活をよく見直す必要があります。

切り詰めてなんとかやっていけるよであれば借入は必要ありません。

出来れば、家族・友人と話合ってみる家族や友人に知られたくないというのは当然の心理ですが、一度話し合ってみる事をお勧めします。

内緒にしておくことは簡単ですが、何らかの形で迷惑をかけることになるかもしれません。

何かあった時の為に、予め話しておいた方が安心できます。

自分の収入で返済できるかどうか検討する

一般的に、毎月の返済額が月収の2割を超えると返済が難しくなると言われています。

実際に毎月の返済額がいくらになるか計算してみましょう。

現在の収入と照らし合わせてみて、不釣合いであれば副業などを検討してみる必要があります。

健全な消費生活を送る為にも、毎月の返済額は1割以内であることが望ましいです。

  ----- 初めてキャッシング -----初めてキャッシング -----

実際に借入が必要になった場合は、以下の点に注意して利用しましょう。

借入額は必要最小限にしておく

審査によっては自分が希望した金額より多く借入できる場合がありますが、自分の返済能力を考え、借入は適切な金額にとどめておきましょう。

借り入れ機関は出来るだけ短くし、返済期日を守る借入期間が短ければ利息も安くてすみます。

ただし、自分の月収と照らし合わせて無理の無い返済計画に基づいて設定しましょう。

また、返済期日が守れないようでは今後の契約内容に悪影響を与えます。

返済期日をしっかり把握しておく事が大切です。

契約書をよく読み、利息・返済方法などをしっかり理解する

どのような返済方式で毎月いくらの支払いか、最終的にいくらの利息を支払う事になるかなど、しっかり把握しておきましょう。

わからないことがあれば借入先に相談し、理解できるまで説明を受けるようにして下さい。

契約書の写しを受け取り、返済時の領収書は毎回保管する

万が一、何らかのトラブルが発生した場合の事を考えて契約書の写しと領収書は保管しておきましょう。

契約書の写しは発行されるもの以外に自分でもコピーしてとっておくのが確実です。

  ----- 初めてキャッシング -----初めてキャッシング -----

当然の事ですが、闇金融などの悪質な違法業者を利用しないよう注意して下さい。

業者を利用する際に一番気になるのが金利だと思いますが、初めて利用する際はそれほど気にしない方がいいと思います。

というのも、初めて利用する方に関してはどこの業者も設定している利息の上限を提示してくる場合が多いからです。

利息で選ぶのも大切な事ですが、それ以外の点についてもよく検討してみるのがいいと思います。

例として、学生であれば学生専用の良心的な利息で利用できるサービスがありますし、女性の方であれば女性の利用に配慮したサービスもあります。

また、事業を経営している方であれば事業者の利用に特化した専用サービスもありますし、それぞれ検討してみる価値はあります。

最近の傾向として、一定期間の利用に関して無利息で融資すると言うものもあります。

その期間内に返済するのであれば利息が取られることもありません。

ごく短期間で返済する予定ならばそちらを利用するのもいいでしょう。

  ----- 初めてキャッシング -----初めてキャッシング -----

申込方法として、店舗・無人契約機・電話・インターネットがありますが、ここでは当サイトからも利用可能な携帯電話によるインターネットでの申し込み方法について説明させて頂きます。

@まず各金融機関んのHPにアクセスし、申込フォームに必要事項を入力して送信します。

A送信後、折り返し審査を兼ねて本人確認の為電話が掛かってくるので必ず応答しましょう。その結果、融資可能となれば即日、または希望日に指定口座へ振込みが行われます。

B後日、送られてきた契約書類に必要事項を書き込んで送信。

C送信してから数日後には契約書控えが届き、会員カードがあるところはこの時一緒に送られてきます。

  ----- 初めてキャッシング -----初めてキャッシング -----

posted by 始めてキャッシング at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。